悩みと、苦悩と

沈んでいる友だちがいる。手には薬を持っています。
あなたは悩みを聞き出し、解決のため一緒に進もうと試みるでしょう。
しかし友人は口を固く閉ざし、頑なに心を開きません。
重病なのか?もしかして先は長くない?あなたは自分の無力さに打ちひしがれてしまうかもしれません。
だが、ここで意固地になって無理やり聞き出すのは良くない。それは友情にヒビが入る恐れがあるからです。
無論それが恋や、命に関する問題なら別だ。だが、人というのはそんなにドラマチックな悩みしか持たないわけではないんです。

必死になって聴きだした時、悩みが性病だと知った時、あなたはどんな顔をしますか?

笑えばいい。なんてことは言えません。性病というのは当人にとっては落ち込むものなのですから。
性病を告白した時あなたが言える言葉は、「クリニックに行って貰ったj薬で治そうlこれが一番です。
性病は恥ずかしい病気ではありません。クリニックのお医者さんは皆口をそろえて言います。そしてそのクリニックのお医者さんは間違っていません。
薬を渡すおばさんもあなたを笑っているのではなく、たんなる営業スマイルです。
そしてもちろん怖がる必要はありません。早めにクリニックに行って相談すれば薬で治ってしまうようなものがほとんどなのですから。

what's new

2013/05/02
恥ずかしがらないを更新。
2013/05/02
女の場合を更新。
2013/05/02
男の場合を更新。
2013/05/02
性病を更新。
2013/05/02
トップページを更新。